SAMPLE CLUB

Welcome to the yukoku no bushi homepage

新興宗教団体 創価学会が見たら突っ込みどころ満載。


詳細はリンク先にて。
日蓮正宗末寺の諸事情 ←入口

      法 華 講 員 は「 情 報 弱 者 」が 多 い

何故か?

1⃣何らかの理由により情報を手に入れるのが大変な人。
2⃣手に入れた情報を活用するのが苦手な人。
3⃣また、情報の価値や真偽の判断に慣れていない人。
□が挙げられるのだが中にはスマホをいち早く使い始めた人もいます(御住職含む)

□法華講員の開設してるHp BBS twitter facebookを見て創価学会組織に疑問を持ち。 創価学会退会して法華講に来た方は多いのです。LINEを使ってる人は法華講員にも多いですが、 相手にブロックされたらそれで終わりですよね。しかし、前述のSNS(ソーシャルネットワークサービス)は、 こちらがブロックしない限り、何度でも見に来てくれるという利点があります。

他人に気付かれない連絡方法も設定し、当然ですが秘密厳守を約束して連絡を待つ事ができます。

この便利なSNS(文明の利器)を活用し情報発信する人はほんの一握りだから情報弱者と表現した。異論があればどうぞ。 情報発信では因縁深い創価学会員も会員の割合から言えば情報弱者が多くを占める。分かり易い例が、情報源が捏造誤報尽くめの聖教新聞だけとなれば凡その察しはつく。 今でも池田大作氏は健在である様に装っているのを、情報弱者の創価学会員は真に受けている。法華講員は少なくとも創価学会の一歩先を行かなきゃ話にならないでしょ。 切り崩す側の本家本元の法華講員が情報弱者であってはお話にならない

面白い構図がある。法華講員の多くが元創価学会員であるが、公明党の支持母体が創価学会であることは国民周知の事実である。 元創価学会員の法華講員は思想面で創価学会員の真逆を行く。思想も信教も自由な日本であるが、創価学会=公明党=政府与党=故に自民党嫌いと来る。 「坊主憎けりゃ袈裟まで憎い」的な対応では人口の比率から比較すれば創価学会員はほんの一握り。 もっと大人の対応しないと他宗を切り崩す事など覚束ないよ。皆さん。

情 報 弱 者 と は↓

例えば、古参の創価学会員は聖教新聞と創価新報だけが信仰に対する情報源です。 一般紙もテレビもラジオもCM以外で創価学会の名前が出る事は先ず無い。 だから、聖教新聞が嘘を書いても真実と思い込み、日蓮正宗を仏敵と称して固く信じ込む。 聖教新聞には、おまけに、法華講員がネットで書いている事はすべて嘘だと記事にしている。笑。

一方、 支部のHpを作成している御住職の先見の明は他支部ではあるが良いなと正直に思う。 スマホ時代の到来を予測してた事が凄い。何時でも何処でも誰でも、日蓮正宗の目指す信仰が、 入り口ではあるが見る事ができる。



↑ PAGE TOP

↑ PAGE TOP

↑ PAGE TOP

↑ PAGE TOP