SAMPLE CLUB

Welcome to the yukoku no bushi homepage

解体工事で判明した名建築・正本堂の惨状 年間10億円超の維持費用が必要になる


正本堂は本門戒壇の大御本尊を安置するために建てられた。建築家横山公男の設計により創価学会第3代会長池田大作が願主・大石寺第66世法主・日達上人の代に1967年に着工し1972年10月に完成し法要が行われた。建築規模は建築面積39,368m2、延床面積35,155m2、高さ66m。信徒席は5,400、僧侶席は600。

将来の広宣流布達成の象徴としての意義を担って今までにない宗教建築として[要出典]設計され、「鶴が羽ばたく姿」をモチーフとした独創的なデザインの建物だった。このため独特の形をした屋根は、中央のリングに36本の鉄骨の梁をつなぐ「半鋼性吊り屋根構造」いう構造になっており、上から吊り下げながらも下から支えるという当時としては極めて高度な技術(ジャッキダウン)による工法だった。このデザインと構造から、正本堂は日本建築学会賞作品賞の受賞に浴している。

建設資金は僧俗からの供養でまかなわれた。1965年10月9日から12日までの4日間行われ総額は僧侶・寺族および各信徒団体合わせて355億3600万4309円であった。

創価学会を破門した総本山67世法主・日顕上人の時代(1998年)に50億円かけて解体された。この解体を巡って設計者の横山や創価学会以外にも複数の建築家が反対の声をあげる一幕もあった。

跡地には宗旨建立750年の2002年に奉安堂が建てられた。

創価学会員さんが執着する、今は亡き正本堂という建築物。 学会員さんは言います。 名建築、日蓮正宗が嫉妬で破壊したとか、知恵袋を見ても創価学会員さんの感情論ばかりで客観的な事実が見えません。

正本堂が実はとんでもない欠陥建築だという、具体的な情報が見つかりました。 このレポートではまるで遺体を検死するかのように、正本堂の正体が暴かれていきます。

     建築後わずか14年で、「本格的な補修整備」が必要となる正本堂の正体が暴露されています。 正本堂の解体には50億円もかかったそうです。

解体してわかった事。

1、 年間10億円以上のメンテナンス費用が必要になる。

2、 そうしたメンテナンスを加えていても、少なくとも10年に1回は、さらに本格的な補修工事が必要。(数年かかる工事なので、これって1~2億円ではないような気がします)

もし、わたしがそんなビルのオーナーだったら、そんな建物は即解体して新らしいものに建て替えます。 それが普通の感覚でしょう?  その後に立てられた奉安堂のコストと比較して計算するのも興味深いかもしれませんよね。

  なぜ、そんな建物を作ったのかと言えば、宗門にお金を使わせ、創価学会への依存体質を作り上げるためという話もあるようです。

さて、解体工事のプロフェッショナルが見た正本堂とはどういう建物だったのでしょうか?

↑ PAGE TOP

それでは引用をご覧ください。

解体工事で判明した「名建築・正本堂」の惨状

(『フォーラム21』H15.1.1抜粋)

平成10年に解体されるまで奉安堂の建設地にあった池田大作会長(当時)が願主となって建設された正本堂を、千年ももつ堅牢かつ芸術的価値の高い名建築だと強調。正本堂を解体した阿部日顕日蓮正宗法主ならびに宗門を、激しく非難し続けている。

 昭和47年の正本堂完成時に池田氏は、「ローマの廃墟、アンコールワットの遺跡等は、いかに壮麗を誇るとも、2千年にしてくずれた姿なのである。世界平和の根本道場たる正本堂は、末法万年、いな、尽未来際まで不滅」と、正本堂は万年にわたって不滅であると豪語していた。

だが、それからわずか14年後の昭和61年4月7日に開催された大石寺開創700年慶祝総合会議の席上、池田氏は正本堂には「本格的な補修整備」が必要である事を発表。以後、数年にわたって正本堂には大々的な補修工事が加えられた。

要するに正本堂は、「末法万年」あるいは創価学会が主張するような「千年」どころか、わずか14年で「本格的な補修整備」が必要な建築物だったのである。

【解体工事を請け負った地田株式会社の営業部長・吉田裕史氏の話】

正本堂を見ての第一印象は、大きいものだなというものでした。しかし、子細に柱や壁等を見ると、赤茶色に変色している部分がかなりある。これは、そうとう内部では鉄骨の錆びが進んでおり、コンクリートも酸化しているなと思いました。

事実、解体に着手するための事前調査として、正本堂の前に立っていた円融閣の大円柱、を叩き、表面の大理石のタイルを剥がしたところ、中から赤茶色の水がドッと溢れ出てきました。

もっとも驚いたのは正本堂の地下です。地下室の扉を開けたところ、なんと赤茶けた水が2メートルほども溜まっていたのです。「こりゃ、舟がいるな」と話し合ったくらいでした。また、他の部屋にはイタチなどが住み着いていたのでしょう、動物のフンが大量に堆積しており、本当に驚きました。

もともと正本堂の敷地には潤井川が流れており、湿気の多い土地だったとか。ですから僧侶方の通路に敷かれている絨毯なども、湿気でびしょびしょになり、すぐにか黴びて使い物にならなくなったということでしたが、実際に絨毯はどこもかしこも黴だらけ。その絨毯をはがしたところ、床にはいくつも亀裂がはいっており、すでにそうとう、湿気等によるコンクリートの劣化、破壊が進んでいるとの印象を受けました。

同様に屋根の劣化も進んでおり、随所で雨漏りが発生。雨水が大量にコンクリート内部に浸みこんでいました。あれだけ巨大で重い屋根を、劣化した鉄骨とコンクリートで支えていることには、そうとう、無理があったと思います。

↑ PAGE TOP

年間10億円以上のメンテナンス費用が必要

もし、この建物をそのまま使い続けるとしたら、年間10億円以上のメンテナンス費用が必要になったでしょう。そうしたメンテナンスを加えていても、少なくとも10年に1回は、さらに本格的な補修工事が必要になったかもしれません。

創価学会は千年あるいは1万年はもつと主張されているようですが、とてもとても。30年でボロボロですから、百年、いや50年もてばいいほうでしょう。それも先ほど申し上げたように、本格的な補修工事を何度も行なった上でです。

大御本尊を安置していた須弥壇の基礎を調べるために、記念品を埋納してあるという部屋にも入りました。(中略) 内部の壁は錆が浮いて真っ赤になっていました。

もっとも、工期短縮の背景には、予想以上にコンクリートと鉄骨が劣化していて壊しやすかったという要素もありますが。

そこで、「労働基準監督署の業務と関係ないでしょう」と強く抗議すると、最終的に政治的圧力があったことを認めました。

また、大石寺周辺の学会員が防音や振動について、騒音基準を超えているなどとして富士宮市に苦情処理を申し出たため、市役所に赴いたところ、公明党市議が同席して本人より先に文句をつけてくるなどということもありました。

※「千年」いや「万年」もっと、と創価学会が主張する正本堂だが、解体工事を請け負い、正本堂の現状をつぶさに見てきた吉田氏は、正本堂の予想以上の劣化に、正直、驚いたという。 それにしても地下室に水が二メートから三メートルもたまり、随所に亀裂がはいっていたとは恐ろしい話。大石寺のある富士宮市は東海大地震の防災地域でもある。被害が出る前に解体されてむしろよかったのではなかろうか。

疑惑の建物強度
※設計には、有名な建築家が当たり、施工には有名なゼネコンがかかわっていたのに、どうして欠陥建築が生まれたのか? まるで中国みたい。

 そこには世間の常識とはかけ離れた考えを持つ創価学会ならではの理由がありそうですね。 建物の基礎はとっても堅固なのに、その上にたつ建物に上記のような欠陥が有るのなら、お金に関する問題なのかもしれませんね。

 基礎と建物の強度品質に違いが有り過ぎるような気がします。 基礎を作ったあとに建設費を値切ったのでしょうか? そのせいで建物が弱くなってしまったとか? 著名な設計者、国内外で実績ある日本有数のゼネコン。

 本来ならこれ程の欠陥建築が出来るはずがありません。解体時に上記のような欠陥が発見され、解体予定も思ったより早く終了するという事(思っていた程の強度が無かったので簡単に解体できた)は、因果から見れば、建物が弱体化する何らかの物理的理由があったと思います。

例えば実際の建築費用が335億円から170億円に下がっているとか・・


↑ PAGE TOP

正本堂解体に至った真相

池田本仏論のよりどころとされた建物

創価学会では、日蓮正宗が正本堂解体に踏みきったことについて、

「日顕(上人)が先師日達上人の偉業に嫉妬して、日達上人の代に建てられた正本堂を壊したのだ。これは正本堂御供養に参加した、民衆の心を踏みにじる暴挙だ」 等と言っています。

そこで、正本堂解体に至った理由を、簡潔に説明しておきましょう。

日蓮大聖人の御金言(『三大秘法抄』と『一期弘法抄』)には、 「広宣流布が達成された暁に、富士山の麓に本門戒壇を建立すべきである」

との仰せがありますが、昭和40年当時の創価学会が中心となって発願した正本堂は、まさに、未来に広宣流布が達成された時の戒壇たらんことを願って、着工した堂宇でした。

この正本堂に対する池田創価学会の執着、思い入れには、当初より異常なものがありました。

昭和42年10月の建立発願式で、池田大作(当時会長)は、 「詮ずる所、正本堂の完成をもって、三大秘法ここに成就し」云々 と言っていますが、後からこれを説明するかのような形で、北条浩(当時理事長兼副会長)も

「すでに大聖人御在世中に慧たる本門の題目、定たる本門の本尊は建立された。 そして、ただ戒たる本門の戒壇のみが『時を待つべきのみ』と後世に残された。(中略) ここに正本堂の建立が、三大秘法の完結を意味するという、仏法上重要な意義を考え」云々(『大白蓮華』昭和45年5月号)

この意味は、 「大聖人は、御在世中に本門の本尊と本門の題目は顕されたが、本門の戒壇だけは顕されなかった。 それを、700年後の今日、池田大作率いる創価学会が出現して本門の戒壇を建立する。 これによって三大秘法が完結するのだ」

というものであり、このことから、彼等が言わんとしたのは、 「大聖人ですら顕すことのできなかった本門の戒壇を、池田センセーが建立される。 したがって、池田センセーは大聖人よりも勝れる仏である」 との“池田会長本仏論”でした(事実、当時の学会内には、そうした指導が流されていました)。

↑ PAGE TOP

池田本仏論の拠り所であった正本堂

要するに池田創価学会にとって、正本堂=本門戒壇の建立は、“池田大作が大聖人をも凌ぐ仏である”という池田本仏論の現証として「重要な意義」をもっていたのであり、これこそ、彼らが正本堂に異常に執着した、その最大の理由だったのです。

しかし、正本堂が完成した昭和47年、日達上人は訓諭(日蓮正宗における公式決定)を発せられ、 現時にあっては、いまだ謗法の徒多きが故に、広宣流布の達成には至っていない。

したがって現時点における正本堂は、未来の広宣流布の暁に本門戒壇たることが期待される堂宇である旨、 御示しになりました。

これでは、正本堂がただちに本門戒壇建立とならないため、不満を抱いた池田大作は、正本堂完成後、日達上人及び日蓮正宗に強い圧力をかけましたが、ついに日達上人の決定を覆すことはできなかったのです。

池田らは、その後も、折りあるごとに 「正本堂建立をもって広宣流布は明確に終わった」 「正本堂は本門戒壇である」 等と蔭で言い続けていましたが、平成3年、ついに日蓮正宗から破門となりました。

これにより、近い将来に期待された日蓮正宗の広宣流布は、大きく遠のき、その時を期待して建立された正本堂は、存在意義を失ったのです。

さらに、呆れたことに池田創価学会では、破門されて日蓮正宗と無関係になった後も、なお、 「正本堂は本門戒壇である。これを建立した池田センセーは、仏法上、未曾有の大偉業を成し遂げたのである」 等と言い続けていました。

この現実(すなわち正本堂が池田本仏論の依り処として利用され続けていること)に鑑み、日蓮正宗では、“ここで池田本仏論という前代未聞の大謗法の根を断ち切るべきであり、また、そのような建物を、清浄であるべき総本山の境内地に残しておくことはできない”との判断から、正本堂の解体を決断されたのであります。

これには、当然、解体費用もかかりますが、“正しい仏法を清浄に護る”という務めは、お金の問題ではありません。

また、民衆の真心からの御供養を、池田本仏論などという大謗法を押し通すことに利用した、池田大作の所業こそ、「暴挙」として責められるべきでありましょう。

↑ PAGE TOP